teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/132 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

だんだん

 投稿者:かなめ  投稿日:2009年 1月19日(月)15時27分16秒
  通報
  NHKの朝ドラ見てる人いるかしら?
「だんだん」
まなかなちゃんが朝ドラに帰ってきた!ってふれこみのドラマ
ドラマをみはじめてすぐに、まなかなちゃんの見分けが
はっきりつくようになりました。
そんでもってこの役どころ。
むちゃくちゃかなちゃんの方の役に愛情そそぎたくなる私。
京都で舞妓さんしてた双子の妹の方って設定。
ドラマ的には、まなちゃんが主役って感じなのが余計に
妹側に惹かれる理由でもあったりするのです・・・
松江でしじみ漁師の娘として育った姉側。
普通に愛されて育ってます。普通に弱い役です。

なんつうか、結局弱いから愛されてるんか?
素直=言葉に責任ないから自分が苦しんで
苦しんでるから愛されるんか?

妹役の方も結構ありえない話で
芸妓になる直前に、自分は芸妓にはなりませんと
舞妓ももちろん辞めて祇園を飛び出しちゃいます。
ちょっと前にですね、母が恋愛して自分達を産むために
祇園を捨てたことがあるって聞いて
すっごいショックを受けてた役なのにね
そんな話あるか??って感じでした。
でもまあ、それがドラマ。。。しかたなく話しは流しますが
目標があったからではなく、「自分は違う人生があったかも」
なんてもやもやから抜け出られなくて祇園を飛び出してます。
性格設定からしてこれ絶対おかしいと思うんですが。。。
まあ、とにかくおんでちゃってますし
ドラマの都合上、祇園をでて歌手になるって方向に
話は進めなくちゃいけないって話なんでしょうがない。(ぉぃ)
でもまあ、中学しかろくにでてない京舞一筋20年の人生。
舞妓以外の人生を探し始め、就職情報なんて調べます。
学歴の欄には大概高卒以上の文字。
(よくわからないけど、そんな条件書いてあるもの??大卒ならわかるけど)
PCが使えるとか、ワードエクセルが使えるだの、経験者優遇の文字
(まあ、こっちはしょうがない条件よね)
何もできないって知って苦しんだり、高卒の資格を取るか悩んだりします。
やっぱりここもありえないっていうか変な話だけど
姉が育った、父方の家に住んでます。
(双子で生き別れて、姉は父。妹は母が引き取って育て
 父はすぐに再婚してて、別の母と弟がいる家庭なわけで)
んでも、結構好きだったのは
この周りの人達、誰も本当の意味で彼女を救わなかったと思う。
(それが好きだってのもうがっちゃってますが)
家のお手伝いもさせてあげるし、血のつながらない方の祖父母の
お蕎麦屋も手伝わせてあげるけど、彼女の本当の助けにはなってない
彼女がしたかったのは、自分の道を探すことだったわけで
やさしく、ちょっとやる事をわけてあげるなんて半端もいいところ
結局彼女は、近所の酒蔵の七代目の酒に対する心持を知って
自分が探すべき道について、もっと深く考えるようになるっていうか
結局は歌を歌いたいっていう、ストーリーの必須条件へと
うつっていくわけです(笑)
いやー。うーん。この妹の強さの設定好きなんですよ。
祇園育ちでずっと舞妓として仕事して生きているから
心配りってものをわきまえながら生きるわけで
だからさ、本当は、歌手にどうしてもなりたいので
芸妓にはなれませんって話じゃないと
ストーリーとしては本当は納得いかなかったんだけどさ(^-^;)
それでもとにかく、彼女の選択って結局は自分でみつけだしたり
自分で立ち直ったり、ある意味まわりの人をちゃっかり利用してる
そういう強さが好きだったりする役なわけです。
なんつうか、ストーリーの必然のために
どう考えてもやらんだろうって行動がたまにキズなんだけど
まあ、それには目をつぶるしかない。

んで、これを書きたいと思ったきっかけ
実は、姉役が腹立たしい(^-^;)
生き別れた妹の存在もしらず幸せな家庭に育ちます。
(まあ、妹の方だって姉の存在は知りませんが・・・・)
歌が趣味で、幼馴染と3人で路上ライブなんてしちゃって
懐メロしか歌わないくせにミュージシャンめざしちゃおうかな
なんて最初の頃思ったりします。
でも、本当に自分で作った歌を歌ってる
「路上の天使」なんていわれてるストリートミュージシャンをみて
自分には才能がないとあきらめることにします
まあ、ここまでは普通。誰でも無謀な夢みて現実を知るわけで
高3なんて進路を決めないといけない時期だったので
祖母のすすめで看護師なんてめざしちゃおっかなって感じになる
(ここも腹立たしい、看護師さんなんてそう簡単な仕事じゃないでしょ
 自分に心意気がなくてできる仕事じゃないと思うわけです
 だからこそ、向いてるって言われるならやってみよっかな
 なんて感じでめざそうとした感じが嫌だったわけだ)
でも、ライブで訪れた老人ホームで介護福祉士の仕事を知って
看護師じゃなくて介護がやりたいって決めるわけです。
まあこれもよい、京都の大学にくることになるのもまあよい。
しかし、ごたごたあって妹と一緒に歌手をめざしましょう。
二人で暮らしましょうって時に、生活費のために
ボランティアで行ってた老人ホームに
ボランティアじゃなくてバイトになりたいって話をもちかけます
当たり前ですが、そんな話は成立しません。
ホーム側の設定はとってもよかった。
バイトにはできるけれど、ボランティアと違って
きちんとシフトに入って「働く」という状態にならなければだめ。
(お金をもらってもおかしくないぐらいのボランティアの方は
 いるとは思うけど。この役は学生のボランティア
 所詮、放課後たまにって話なのです)
正直彼女の行動はものすごい中途半端。
大学も辞めない、歌手もめざす。
いや、それはそれでいいし、普通にそうしてる人もいると思うけど。
ぜんぜん大学いけてなくない??
って、つっこみいれたくなっちゃうのよね(^-^;)
マネージャーのような人の台詞の中にもあるけど、
「来週は午前中あいてる日があるけどそこは大学行きたいよね?」
って。。。。。大学は毎日行くものでしょ・・・
私が理系の大学にいたせいもあるけど、週に1回半日いける時があった
なんて、設定じゃとてもじゃないけど卒業できないよ(^-^;)
ベッキーだって毎日学校行ってたと言ってたし、
桜井翔だって試験休み取ってたぞ(ぉぃ)
そんな忙しい中、ボランティアで行っていた老人ホームへ
歌がききたいといってくる慣れ親しんだお婆さんに
「来月以降で絶対歌いに行くからね」
なんて約束しちゃいます・・・
もちろん、そんな忙しいスケジュールくまれてていけるわけがなく
私はこういう有言不実行が嫌いなのですよ(^-^;)
無理だと思うけどがんばりたい。それなら
言うより先に行動しようよって思うのよ・・・・
マネージャーにくってかかってでもその時間を勝ち取って
それから、いついついける事になったからねと報告してくれよ。
結局私は、「社交辞令を許さない」ってコントにでそうな
価値観なわけだったりもするんだけどさ(^-^;)
案の定約束を果たせないままお婆さんは亡くなってしまい
がっつり落ち込みます。
外では気丈にしてるって設定だけど
妹の前では、がっつり落ち込みまくり。
幼馴染の青年からの電話に「歌ってても楽しくない」
なんて話をしてて妹に偶然聞かれてしまったり
妹の「大丈夫?」って問いかけにも
(まあ、大丈夫じゃなさそうな人に大丈夫って話しかけるのは
 本当は私も嫌いなんだけど、語彙の少なさで仕方ない問いかけなんだけど)
「大丈夫じゃないけど、仕事はキャンセルできないからしょうがない!」
と、ヒステリーおこして怒鳴ります。
なんつうか、とにかく周りの人の優しさにがっつり甘えて
自分でできる最大限の努力もせずに、そこそこに流されて
そのせいで傷ついて、周りの気持ちも考えてないからその姿で
妹を傷つけてるように見えるわけですよ(^-^;)
ドラマの話でこんなに熱く語る私もおばかではありますが(笑)
なんつうか、愛される設定のキャラが一番腹立たしいと感じてる
そんな自分にも憤っちゃってるのかもしれないですけどね。

昔ね、東京ラブストーリーなんてドラマがはやった時に
初めてクラスメイトと一緒にドラマ見て
あまりの主役に対する感じが私と、他の3人と真逆で
びっくりした思い出があるんですが
この話もきっとそうなんじゃないかなーなんて思うわけです。
タブン、普通は、傷ついてる主役の姉に同情するんだろうな・・・
なんて勝手な感想はともかく。
語りたくなる展開だったわけでした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/132 《前のページ | 次のページ》
/132